薬剤師のカリスマを目指して


by hd7ur4phke
 宮城・山形県境の船形山(標高1500メートル)で遭難し、3日昼に近くの山中で自衛隊員に発見された男女3人は自力歩行で同日午後4時過ぎに下山した。仙台市内の病院に入ったが、けがや凍傷はないという。

 宮城県警によると、無事が確認されたのは▽仙台市泉区長命ケ丘東、無職、庭野勲夫さん(70)▽同区加茂4、同、田中義宗さん(73)▽宮城県多賀城市東田中1、佐野千枝子さん(63)。

 下山した3人は登山口で救急隊員から毛布を掛けられた後、救急車で仙台市内の病院に搬送された。医師は「意識レベルは3人とも正常。軽い脱水症状があるが、安定している」と話した。1日に入山し道に迷った3人は山中で雪洞を作って救助を待っていたが、当時の様子について病院側は「1人が『救急隊』が来たと雪洞の中で話しており、幻聴症状が出ていた。数口分のチョコレートを3人で分け合い、空腹をしのいでいた」と説明した。【鈴木一也、高橋宗男】

【関連ニュース】
船形山遭難:男女3人を自衛隊員が発見 自力で歩ける状態
船形山遭難:3日早朝に「みんな元気」 不明者から電話
船形山遭難:男女3人発見できず 宮城・山形県境
登山:男女3人、山中で一夜 宮城・山形県境
遭難:73歳男性ら4人迷う 宮城・山形の船形山

<PKO>ネパール支援4カ月延長(毎日新聞)
<自民>問われる真価 「政治とカネ」攻防、参院へ(毎日新聞)
小野竹喬展 東京国立近代美術館で2日に開幕(毎日新聞)
アグネス・チャンさん ソマリアの苦境 帰国報告で訴え(毎日新聞)
「悪い自民党持って行った」森元首相が民主批判(読売新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-03-06 11:31
 人材派遣大手の旧グッドウィル・グループ(GWG)による人材派遣会社の買収をめぐる脱税事件で、東京地検特捜部は2日、法人税法違反容疑で逮捕された公認会計士でファンド運営会社「コリンシアンパートナーズ」元社長、中村秀夫容疑者(52)の逃亡を手助けしたとして、犯人隠避容疑などで会社役員、沢田三帆子容疑者(58)ら3人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、沢田容疑者の弟の会社役員、地平容疑者(57)と、韓国籍の無職、パク・チェボム容疑者(39)。

 特捜部の調べによると、沢田容疑者らは平成21年7月、中村容疑者の逮捕を免れさせる目的で、国際通話可能な携帯電話を渡すとともに、逃亡先の韓国で、計5カ所に宿泊させるなどして中村容疑者をかくまった疑いが持たれている。

 中村容疑者は昨年7月、海外へ逃亡し韓国に潜伏していたが、同年12月に韓国当局に身柄を拘束され、先月、特捜部に逮捕された。

【葬送】三越伊勢丹ホールディングス前会長・武藤信一(むとう・のぶかず)氏(産経新聞)
<路上生活者>34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査(毎日新聞)
外国人地方参政権 亀井氏「法案提出なら連立解消」(産経新聞)
チリ地震 「阪神以上の揺れ、正直怖かった」日本大使館員(毎日新聞)
<10年度予算案>年度内成立へ 3月2日衆院採決(毎日新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-03-04 20:56
 厚生労働省は2月24日、「医薬品・医療機器等安全性情報No.266」を公表した。C型肝炎の治療に併用して用いられるリバビリンとインターフェロンアルファ、インターフェロンベータそれぞれの添付文書の改訂についてなどが掲載されている。

 安全性情報No.266によると、リバビリンとインターフェロンアルファ、インターフェロンベータの添付文書の「副作用(重大な副作用)」に、躁状態、攻撃的行動を追加。「重要な基本的注意」に、▽これらの症状が発現する可能性について患者や家族に理解させ、症状が表れた場合は直ちに医師などに連絡するよう注意を与える▽医師は症状が出現した際に投与継続の可否を慎重に検討する▽投与終了後も観察を継続することが望ましい―ことなどを追記した。

 同省の担当者によると、インターフェロンには抑うつ、自殺企図の発現が知られていた。昨年9月にEU(欧州連合)で躁状態や攻撃的行動があらわれるとの注意喚起があったことを受けて今回の措置となった。リバビリンではなくインターフェロン側に原因があると考えられているものの断定はできないため、リバビリンとインターフェロン双方の添付文書が改訂された。

 また、腎がんなどの治療に用いられるインターフェロンガンマについては、「副作用(重大な副作用)」に、類薬で躁状態、攻撃的行動の症例が報告されていると追記された。


【関連記事】
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用
抗がん剤「ネクサバール」、因果関係否定できない死亡が7例
医薬品副作用による皮膚疾患、約4年間で2370件
抗うつ薬12成分、「攻撃性」で使用上の注意改訂を指示
禁煙補助薬の精神症状を「警告」―ファイザーが添付文書改訂

屋久島の米軍機訓練、許容できぬ=岡田外相(時事通信)
議運筆頭に高木氏復活「知事選優先」と自民批判(読売新聞)
「子の奪取」条約加盟へ環境整備=鳩山首相、岡田外相らが一致(時事通信)
石井一氏の“利益誘導”発言に首相「反省する」(産経新聞)
東京入管元職員、収賄認める=在留手続き汚職−東京地裁(時事通信)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-03-03 10:34

ラブ・ステーション

『ラヴ・ステーション』は、TOKYO FMで毎週日曜日に放送されていたラジオ番組。「TOKYO FM LOVE STATION STUDIO」から放送したということになっていたが、実際は半蔵門のTOKYO FM本社スタジオから放送していた。時間帯の変遷1991年10月から 13:00?19:001992年10月から 12:00?19:001994年4月から 10:00?18:001998年4月から 9:00?18:002001年4月から 11:55?18:002002年10月に『SUNDAY POWER OF JAPAN』と『SUNDAY HEARTLAND』のスタートにより自動消滅のような形で終了。各番組は一部を除いて、独立して現在も放送中。歴史草創期1991年10月の番組改編で13:00?19:00の時間帯に対する愛称として登場した。当時進められていた「ゾーン&プログラム編成」の一環として、この6時間に含まれる6本の55分番組は選曲やトークの内容を若いカップルをターゲットにする編成方針を採った。初代のゾーンナビゲーターは藤原麻衣子。1991年10月の番組13:00 岡村孝子 SUNDAY PICNIC14:00 斉藤由貴のSOUND CRUISING15:00 ASAHIKASEI Catch the POP(佐藤竹善)16:00 SUZUKI STATION KIDS(大江千里)17:00 AJINOMOTO SOUND ADVENTURE(松任谷由実)18:00 ALESCO MY HEARTFUL SELECTION(辻畑鉄也(ピカソ))松本ともこ・柴田玲時代1992年10月以降は、10:00?18:00の時間帯に放送される番組を大きくまとめてこのように呼んでいた。基本的にはミュージシャンなどが担当する26分ないし55分の番組と、その合間に当時TOKYO FMアナウンサーの松本ともこ(のち同柴田玲)らが担当する情報コーナーから構成されていた。原則として26分番組・55分番組部分は、JFN全国ネットで放送されたが、情報コーナーはTOKYO FMローカルであった。そのため、『ラヴ・ステーション』の呼称も、各個別番組内では使われていなかった。また、個々の番組を担当するパーソナリティが新譜発売キャンペーンなどのために、TOKYO FMローカル部分に通しで出演するこ

後輩に「当たり屋」強要 佛教大野球部員が無期停学(産経新聞)
<転落?>後藤真希さんの母親死亡 東京・江戸川区の自宅で(毎日新聞)
外国人遺体 成田着デルタ機の主脚格納部に 密航目的か(毎日新聞)
禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討(J-CASTニュース)
名古屋ひき逃げ、運転者は20代ブラジル人(読売新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-03-02 02:33
 民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、都内で講演し、政治資金規正法違反事件で元秘書らが起訴された小沢一郎幹事長の進退問題に関して「参院選前には『さすが』と言われるけじめを付けて、民主党を再生させる」と述べ、夏の参院選前に小沢氏が辞任することへの期待を示した。
 渡部氏は、小沢氏に批判的な同党議員の動向について「わたしが『憎まれるのはおれ1人でいい』と抑えているから、言いたいことを言わずに黙っているのが多い」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)
<中学3年>6割が塾通い…保護者の85%「教育費が負担」(毎日新聞)
谷垣総裁は「つぶれた会社の社長」…党首討論を見て民主・渡部氏ポツリ(スポーツ報知)
トヨタに辛辣な言葉…公聴会(レスポンス)
中国・北の脅威対処、新防衛大綱へ議論開始(読売新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-02-28 05:53