薬剤師のカリスマを目指して


by hd7ur4phke
 ■失策頼み、参院選へ練り直し急務

 菅新政権に関する産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、直撃を受けたのは自民党とみんなの党だ。迷走が続いた鳩山政権批判で勢いに乗ったものの、新政権の誕生で選挙戦略の練り直しを迫られそうだ。もっとも参院選まであと1カ月ほどしかなく、「政治とカネ」の問題をめぐる小沢一郎民主党前幹事長の証人喚問問題など新政権の「失策」を頼りにしているのが現状だ。

                   ◇

 ≪「左翼的な色彩」≫

 「今まで以上に左翼的な色彩を持った政権になるのではないかという危惧(きぐ)を持っている」

 自民党の谷垣禎一総裁は7日、新内閣と民主党執行部の陣容を批判した。

 大島理森幹事長も産経新聞社とFNNの合同世論調査で菅新政権に「期待する」が6割近くになったことについて「『小沢隠し、小沢仕分け』がすべてだ」と指摘した。その上で「小沢氏の(衆院予算委員会での)証人喚問が実行できないなら『ネコだまし内閣』だ」とも述べた。

 新政権は小沢氏の喚問に消極的なため、鳩山政権と変わらないとアピールしていく構えだが、「小沢問題」を追及していくことぐらいしか材料を持ち得なくなったともいえる。

 自民党の支持率は鳩山政権下でおきた社民党の連立離脱問題などで持ち直し傾向にあった。党内からは楽観論すら出た。ところが、菅直人新首相誕生を受けた今回の調査で、民主、自民両党の支持率の差は大きく開いてしまった。自民党内から衆院解散・総選挙を求める声はすっかり消えた。

 党内からは谷垣氏が体制刷新に乗り出さなかったことへの批判も渦巻いている。一方で「今さら執行部を代えても遅い」(若手)とのあきらめムードも。

 ≪「心配せず」強調≫

 一方、「第三極」では勝ち組といわれたみんなの党は、アイドルグループ名にもじって、近く実施が見込まれる衆院北海道5区補選と、参院選で全国の47都道府県に候補者を擁立する「AKB48作戦」を展開、参院選には7日時点で39人を擁立した。渡辺喜美代表は参院選で比例代表と選挙区でそれぞれ2けたの目標議席を掲げ強気に出た。

 ただ、みんなの党の躍進は民主党の低迷が前提。新政権の誕生による民主党支持率の急速な回復は大きな打撃だ。渡辺氏は世論調査で党の支持率が2・4ポイント下がったことについて「みんなの党でないと駄目だという人は微動だにしていない。心配していない」と強調してみせた。

 そのうえで「表紙が変わっても中身が変わらないので民主党と一緒にやることはない」と断言。公務員制度改革や消費税をめぐる経済政策で新政権との違いを訴え、無党派層の呼び戻しを図る考えだ。

父と小6次女が死亡か=店舗兼住宅で火災―愛知(時事通信)
民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
国会、16日閉幕=与党延長せず、参院選7月11日確定(時事通信)
揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離(産経新聞)
南アW杯 日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-06-15 15:17
 平野博文官房長官は31日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が1日、口蹄(こうてい)疫の被害が拡大する宮崎県を訪問すると発表した。首相は県庁で東国原英夫知事と対策について意見交換するほか、政府の現地対策本部を視察する。平野氏は訪問の目的を「知事や関係者へのお礼と激励が趣旨」と説明した。

【関連記事】
首相、辞任論に「迷惑かけていることは理解しているが…」
首相、宮崎訪問検討を表明 口蹄疫問題で「激励も込めて」
「鳩山降ろし始まった」社民・又市氏
口蹄疫特措法 被害を広げた「政治主導」
首相、中井氏の「宮崎県民は頑固」を擁護

<掘り出しニュース>キャンプ座間、ゴルフボール飛び出し 歓迎しない会が緊急抗議集会(毎日新聞)
鳩山政権打つ手なし「どんな政策も効果ない」(読売新聞)
「私を罷免したから…」福島氏、不信任案同調も(読売新聞)
<普天間移設>外相「追加アセスも」 「環境型」念頭か(毎日新聞)
傘 子どもたちの「笑顔の花」70本 花博公園でイベント(毎日新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-06-03 21:16
 「自分にとって環境保護が最も重要だ」と考えている日本の子どもは2%で、調査対象の10カ国中最も少なかったことが、欧州の航空機メーカー、エアバス社の意識調査で分かった。世界全体でも「コンピューターで遊ぶこと」「テレビを見ること」が最重要とする回答が「環境保護」の10倍に上り、生物多様性条約事務局(カナダ・モントリオール)は「子どもたちと自然とのつながりが驚くほど希薄になっている」と指摘している。

 今年が「国際生物多様性年」であることから同社が初めて実施。フランス、米国、中国、日本など10カ国で5〜18歳の計1万人を対象に今月、インターネットで調査した。

 自分にとって最も重要なものをたずねたところ、世界全体では「コンピューターで遊ぶこと」が最多で26%、「テレビを見ること」は14%、「動物の世話をすること」は9%で、「環境保護」は4%だった。日本の場合は、コンピューター23%、テレビ22%、動物の世話3%だった。

 「絶滅危惧(きぐ)種」という言葉の意味を知っている割合は、世界全体では86%。国別では中国90%、米国87%、日本66%だった。

 「最も保護したい生物」として選んだのは、10カ国中9カ国で「哺乳(ほにゅう)類」が最多。日本は哺乳類(36%)、サンゴ(27%)、鳥類(11%)、爬虫(はちゅう)類(8%)などと続いた。【大場あい】

【関連ニュース】
ケイマフリ:“海のカナリア”根室沖を悠々と 北海道
国連報告書:脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割
ルフトハンザ:世界最大の旅客機A380導入 W杯独代表特別機に 来月日本へ
リビア:旅客機墜落、103人死亡か 8歳の男児を救出
特集:きょう「国際生物多様性の日」(その1) ケリー・フォウラー氏に聞く

逃走中に車横転、男2人重軽傷 神戸市(産経新聞)
医師、投与認める供述=不同意堕胎事件―警視庁(時事通信)
仕分け第2弾終了、37事業「廃止」求める(読売新聞)
<地震>沖縄県大東島で震度4=午後5時53分(毎日新聞)
安全機能の搭載義務化=使い捨てライター、来夏にも規制―子供の火遊び対策・経産省(時事通信)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-05-27 17:49
 大阪府高槻市の淀川堤防斜面で先月29日、遺体で見つかった宇野津由子(つゆこ)さん(当時36歳)は派遣切りで職を失い、今年初めまで大阪府松原市の雇用促進住宅で暮らしていた。「住み込みの仕事が見つかった」と大阪府豊能町に越したが、わずか数カ月後、遺体で発見された。事情があって子どもと離別し、派遣労働者として各地を渡り歩いていた。「お金をためて、いつかは子どもを引き取りたい」。知人に漏らしていた夢がかなうことはなくなった。

 知人らによると、宇野さんは離婚後、福岡市のアパートで生まれたばかりの息子と2人で暮らしていた。しかし、家賃を滞納し部屋を飛び出した。その後、長野、愛知などを転々とし、部品製造工場などで派遣労働者として働いた。その間、息子は施設に預けた。

 08年末、景気悪化で派遣労働者の解雇が相次ぎ、「年越し派遣村」が設置されるなどした。宇野さんも愛知県で「派遣切り」に遭い、09年1月、職探しの間、低家賃で住める松原市の雇用促進住宅に移り住んだ。4畳半と6畳の和室2間で家賃は約2万円。引っ越しの際、宇野さんは衣服が入ったかばん二つしか持っていなかった。

 自治会長の男性(68)は「何も持っていなかったので、こたつや蛍光灯をあげた。その日の食べ物にも苦労している様子だった」と振り返る。

 派遣先で知り合った女性2人が後から越してくると、宇野さんは「こたつもあるし、お金も節約できるので一緒に住もう」と提案し、部屋に招いた。このうちの1人で沖縄に住む女性(23)は「彼女はよく笑う明るい人だった。『いつかお金をためて子どもを引き取りたい』と言っていたのに……。事件に関与した人は許せない」と言葉を詰まらせた。

 女性2人は実家に帰った。自治会長の男性によると、残った宇野さんは寂しそうだった。しかし今年に入って「住み込みの仕事で豊能町に行く」とうれしそうに報告してきたという。

 それから約3カ月後、宇野さんは遺体で見つかった。15日、宇野さんは大阪市内で荼毘(だび)に付された。実父らが見送った。

警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
防衛省キャリア技官採用試験、出題ミス3問(読売新聞)
電動立ち乗り二輪車 「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
浅田真央らを表彰 文科省の五輪優秀者顕彰(産経新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-05-18 22:03
 毎日新聞社は7日、ツイッター(twitter)などによる読者の声を生かしたデーリーペーパー「MAINICHI RT」(タブロイド判24ページ)を、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で創刊すると発表した。創刊予定日は6月1日。

 多くのインターネットユーザーがアクセスしたニュースと、そのニュースをめぐるツイッターでの意見交換などを、リアルタイムで伝える全く新しい形のメディア。ネットの双方向機能を活用し、読者がニュースと感じたニュースを読者の声とともに掲載する。詳しくはhttp://mainichi.jp/rt/で紹介している。

 発行は月曜日を除く週6回で、定価は月額1980円。ツイッターアカウントはmainichiRT。

【関連ニュース】
ダライ・ラマ:病める日本にメッセージ 毎日新聞と会見
毎日花月:吉本の芸人が漫才、新喜劇 450人が楽しむ
毎日デザイン賞:表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌
独立行政法人:契約額の65%が随意発注 毎日新聞集計
毎日新聞社:大阪、西部本社などもISO取得

交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
愛好家の祭典「大盆栽まつり」始まる 5日まで(産経新聞)
新型インフル1年 “本物の危機”への対応は?(産経新聞)
沖縄県知事、首相の認識は「県民の思いとずれがある」(産経新聞)
[PR]
# by hd7ur4phke | 2010-05-11 15:10