薬剤師のカリスマを目指して


by hd7ur4phke

<架空請求>ご注意 経産省名乗り被害者に(毎日新聞)

 経済産業省は15日、電話勧誘販売の被害者に経産省の担当部署を名乗って電話をかけ、被害金の返済を装って手数料などを請求する事案が昨年末から増えていると発表した。経産省は金銭の支払いに応じないよう呼びかけている。

 経産省によると、06年に行政処分を受けた札幌市の電話勧誘販売業者の被害者を中心に1月以降、10件の相談が経産省に寄せられ、うち1件は十数万円を支払った後だったという。経産省の「消費対策室」「消費者相談室」「中央産業局」を名乗り、「過去の被害金を返済するので、弁護士費用50万円を指定場所に郵送してほしい」などと請求する手口だった。問い合わせは経産省消費者相談室(03・3501・4657)。

【関連ニュース】
最低賃金:引き上げ検討、厚労省と経産省が初会合
国内商品取引所:東工取を24時間化 経産省が活性化策
中小企業会計:経産省が国際化を議論 研究会発足へ
経産省:インドで環境配慮型インフラ整備…開発協力合意
経済産業省:中小企業向け緊急保証融資 15日から開始

操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田−ソウルの全日空便(時事通信)
あす再び沖縄訪問=平野官房長官(時事通信)
<医療ミス>チューブ外れ60代患者死亡 熊本医療センター(毎日新聞)
【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(中)変わる風向き(産経新聞)
HIV抗体検査・相談件数が減少(医療介護CBニュース)
[PR]
by hd7ur4phke | 2010-02-19 11:14